パノラマ写真編集用のアプリを紹介します

スマホでも手軽に撮れるパノラマ写真。でも一眼で撮った写真をつなぎあわせたり、細かな編集をするなら専用のアプリ・ソフトが必要です。
お勧めは、もちろん機能が充実した有料ソフトですが無料のものもあります。

ミク
ミク

パノラマ写真っどうやって作るんですか?

YOSHI
YOSHI

写真をつなぎ合わせる必要があるので【パソコン】で編集します。
このつなぎ合わせる作業を【スティッチ】と呼びます。
いかにスムーズにつなげるかがパノラマ編集で一番大事なところです。

スポンサーリンク

パノラマ写真製作 無料アプリ 紹介

YOSHI
YOSHI

ますは無料のソフトを紹介します
無料ですが、十分に使えますよ。


AutoStitch

AUTOSTICHのインターフェース

AutoStichは画像を選ぶだけで自動でパノラマ写真を作ってくれくれます。
細かな編集はできません。編集後に明るさやインスタ風のフィルターをかけることができます。

特徴

  • 画像を選ぶだけで自動でスティッチ
  • コントロールポイントや投影法は選べない
  • 書き出せる画像はJPEGだけ
  • 完成画像のクオリティは良い
  • 日本語対応
  • MAC版 /WINDOWS版

ミク
ミク

コントロールポイントって何ですか?

YOSHI
YOSHI

重なりあった写真の〈どこ〉と〈どこ〉をつなぎ合わせるかを決めているのがコントロールポイント。編集ソフトが〈良い感じ〉に決めてくれます。
でも、たまに上手くいくないこともあります。有料版ではコントロールポイントを編集できますが、無料版のソフトでは編集できないことが多いですね。

ジロー
ジロー

投影法は?

YOSHI
YOSHI

「投影法」を変えるとパノラマ写真の見た目が変わってきますよ。
撮影した写真の範囲や角度によって最適な「投影法」を選ぶ必要があります。
通常はアプリ側で最適なものを選択してくれます。
「投影法」の種類はたくさんあるのでまた詳しい記事を今度書きますね。

※ 「パノラマ投影法」 の記事を執筆予定

Microsoft ICE

Microsoft ICEはマイクロソフトの『映像メディア研究部門』が提供しているソフトです。
スタンドアローン(ソフト単体)でも使えますがフォトショのプラグインとしても使えます。
ギガパノラマの製作も可能です。
画像のつなぐ順番も任意に変えることができます。
ICE= Image Composite Editor

特徴

  • 投影法が選べる
  • コントロールポイントは選べない。
  • マニュアルモードがある
  • 動画からパノラマ写真が作れる
  • フォトショップのプラグインとして使える
  • かなり細かな編集ができる
  • 書き出しフォーマット: JPEG, JPEG XR, PSD, TIFF, BMP, PNG
  • 日本語対応。WINDOWS版のみ
YOSHI
YOSHI

バージョン2になって格段に使いやすくなりました。
無料なのでまずは使ってみてはどうでしょうか?
※使い方の記事を別途執筆予定中

パノラマ写真製作 有料アプリ紹介

YOSHI
YOSHI

無料版でパノラマに興味を持ったら有料アプリを検討しましょう。

PTGUI, PTGUI Pro

PTGUIはオランダ産のパノラマ編集ソフト。
パノラマソフトとしてクオリティと安定性・編集機能が抜群。
まさにパノラマ製作を本格的に取り組んでいる方御用達のアプリ。
パノラマ製作に関することなら全てのことができるといっても過言ではないでしょう。

ミク
ミク

なんかちょっと難しそうですね~。

YOSHI
YOSHI

最初は必要最低限の機能を使うだけでOKですよ。私も
ほとんどのケースで【自動モード】しか使っていませんよ。

レイコ
レイコ

メニューで日本語選べるようになりました

特徴

  • 通常版の「 PTGui 」と上位版の「 PTGui Pro 」の二種類が ある
  • パノラマ業界のスタンダード的アプリ
  • 高画素のRAWファイルをそのまま処理できる
  • 20年の歴史と着実なバージョンアップ(現在V11)で機能も充実
  • オートモードで初心者も安心
  • 画像処理スピードが速い
  • 値段が高いのがネック:通常版(15000円)。プロ版(30000円)
YOSHI
YOSHI

現在 PTUGUI使用法の記事を執筆中です!
近日公開なので少々お待ちください。

Kolor / Autopano Pro, AutoPano Giga※

YOSHI
YOSHI

※お勧めソフトだったのですが、 2018年に会社清算で廃版になりました。

最近廃版になった老舗パノラマソフト。
画像処理はPTGUIより時間がかかりますが、その分クオリティが秀逸でした。
PTGUIの自動処理でうまく行かないときでも、AUTOPANGIGAではうまくいくことも。
重宝していただけに残念。
体験版はまだ※サイトに残っているので興味のある方は今のうちにDLしてください。
※2020/04/18時点

パノラマ写真作成のソフト紹介 :写真編集アプリ編

Adobe Lightroom Classic

すでにLightroom Classic を使っているなら簡単にパノラマ写真を作ることができます。
専用パノラマソフトのようは細かな調整はできませんが、大抵のケースで良い結果を得られるでしょう。アップデートも頻繁にあるので今ではかなり使いやすい機能になっています。JPEGやTIFFにコンバートすることなくRAWベースで処理してくるのも嬉しいですね。
パノラマ合成した写真をRAWで調整できるのもGOOD。

Adobe Photoshop

写真編集ソフトの定番フォトショップにもパノラマ機能は内臓されてます。
合成のアルゴリズム(癖)もLightroomと同等と思われ合成結果もほぼ同じです。
ただ同じ画像を
両方使った私の印象では
「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能でパノラマ写真の周辺にできてしまった空白部分を埋めれるのもナイスです。

まとめ

ミク
ミク

アプリだけで沢山あるんですね~。結局何を選べばいいのかな?

YOSHI
YOSHI

そうだね。ミクちゃんはAdobeのLightroomを使っているから、まずはLightroomを使ってパノラマ製作に慣れるたらどうかな。

カズ
カズ

僕はWindowsの無料の【Microsoft ICE 】を使ってみるよ!

まずは【Lightroom & Photoshop】 でパノラマ製作に慣れるのが良いでしょう。

ソフト単体で無料のものは 【Microsoft ICE 】 が安定しています。

本格的にパノラマ製作に取り組みたい方はPTGUI Pro】一択になります。

ただ、どんなアプリを使っても元となる写真がしっかり撮影できていないと合成結果がうまくいきません。
高性能なソフトはラフに撮影した写真も“パット見”良い感じにつなぎ併せてくれますが、よく見ると細部に問題があることが多いです。

YOSHI
YOSHI

次の『パノラマ道具編』に続きます。
執筆中ですので少々お待ちください
2020/4月末公開予定


コメント

タイトルとURLをコピーしました